HOME>特集>【新たな発電であるバイオガス発電】驚きの注目される理由!

目次

そもそもどういった物か

従来、地球上では石油などの化石燃料を燃焼させていましたが化石燃料自体は有限であり、既にその枯渇が問題となっています。そこで注目を集めたのが再生可能エネルギーと言う存在で、今最も活用されているのが太陽光発電や風力発電等だと言えます。その中でも現在エネルギー回収率が高く、さらにクリーンなエネルギーとして注目を集めているのがバイオガス発電です。バイオガス発電は、有機ゴミからバイオガスを生成し、それを燃焼させることによって発電する方法の事を言います。バイオガス自体は可燃性の物ですが、そのガスを作り出す為に嫌気性微生物を利用している点が大きな特徴だと言えます。そしてそのガスを燃焼させ発電機を回して発電するというのが、バイオガス発電の大きな流れです。

ゴミは安定共有される

私たちの生活を維持するためのエネルギーを安定供給する為には、その原料となる物も安定した状態で供給されなければなりません。その点、バイオガス発電はゴミが安定供給されることになるので、化石燃料のように枯渇してしまう心配はありません。また、化石燃料を燃焼させる場合は温室効果ガスの発生にも配慮しなければなりませんが、有機ゴミは化石燃料よりも温室効果ガスの発生量も少ないという特徴もあります。そのため、原料となるゴミが安定供給されるということだけでなく、環境にも非常に優しい発電方法だとも言えます。

バイオマス発電とは違う

バイオガス発電は、その名前からどうしてもバイオマス発電と混同されてしまうことも少なくありませんが、決して同じものではありません。バイトます発電は簡単に言うと、様々な有機ゴミを燃焼させて発生させる熱を利用してタービンを回す仕組みだからです。反対にバイオガス発電は最初に有機ゴミを使って可燃性のバイオガスを作り出し、そのガスを利用して発電させる仕組みとなっています。

広告募集中