新電力とも言われるPPSとは何か

PPSは、近年高い注目を集めている会社です。大手電力会社だけではなく、自社で発電した電気を自由に販売できるようになり、多くの企業が参入したことで、消費者が自由に電力会社に選べる時代がやってきています。PPSとは特定規模電気事業者を指し、どのPPSを選ぶかが非常に重要なポイントとなっています。また、PPSを導入するにあたりデメリットも存在しますが、そのデメリットに「電力会社の信頼感」が挙げられます。やはり大手の電力会社を選んだ方が安心だと感じる人も少なくないですが、PPSを導入するメリットの方が大きいためまずはメリットを知って導入を検討してみてはいかがでしょうか。

PPSに切り替えるメリット

  • 電気代の削減
  • 再生可能エネルギーへの投資
  • 自分に合ったところが自由に選べる
  • 余剰電力を高く売れる
模型

環境に優しい電力で暮らす

PPSとは、電力の小売りの自由化に伴って新規参入した企業から、自身のライフスタイルに合わせて電力を購入する会社を決める事で、今では「新電力」と、呼ばれる事の方が一般的になって来ました。これまで使って来た電力は、大手の電力会社が様々な発電方式で作った電気を、買う側の意思とは関係なく使わされていました。勿論、自然再生エネルギーもミックスされているとは言え、化石燃料を燃やす事で作った電力、また原子力エネルギーによる電力も選ぶ事ができなかった訳です。しかし、電力の小売りが自由化された事で、新規参入した企業の特徴を活かす事で、自然再生エネルギーによる電力のみを提供できたり、ガスと電力とを効果的に使い分ける事で家計に占める光熱費を抑えたりする事も可能になって来ました。環境にも、家計にも優しい電力の使い方を、消費者自身が自由に決められる様になったのは大きい事ではないでしょうか。

導入には慎重さも必要

しかしながら、安易に「環境に優しい」と、云う理由だけで電力を買う会社を決めてしまう事も、リスクがあるかもしれません。元々、大手から購入している通常の電力は、安定供給ができる事が前提になっていますから、家庭での節電を実践するのみでも効果は大きいのではないでしょうか。ある意味、「投資」と、云う感覚も持って敢えてリスクを負うと云うチョイスも考えられます。その場合、当然ですが今まで以上の電気料を支払う事になるやもしれません。PPSを導入する前に登録されている企業について比較検討して、最もご自身のライフスタイルや意志と合致した電力を買う様にしたいですね。

備えあれば憂いは

そして、やはり日本で暮らすには災害に強い電力を考える事も重要ではないでしょうか。自宅で太陽光パネルなどで発電も蓄電もできたりすることで、災害時には蓄電した電力を使う様にするEZHの住宅も選択肢の一つとなるでしょう。電力の小売り自由化とは、電気の使い方に消費者自身が責任を持つ事だと云う事を、改めて認識しましょう。PPSはこうした様々なニーズが起きて来る事でより活性化され、経済の発展にも寄与する事ができるのです。環境と、経済とのバランスを正しく保って行く事が、結果、エネルギーの効率的な使い方に繋がっていくのです。

広告募集中